ねじや吸水土のうといった材料は通販でゲットできる!材料得々購入術

作業担当者

水害時に役立つ

男女

水害対策を始めよう

国内では毎年台風や豪雨による水害が多発しています。こうした水害は、一般家庭のみならず企業にも影響を与えてしまいます。企業が水害に遭ってしまうと業務に支障が出てしまい、結果的に売上も大きく揺るがすことになりかねません。台風や豪雨が発生することが分かるのであれば、できるだけ事前に対策をしておくことが肝心です。水害対策の1つとして、吸水土のうの利用が挙げられます。土のうというと、専用の袋に大量の土を入れたものというイメージが強くあります。確かに昔はそのようなものが土のうとして利用されてきました。しかし、最近では、特殊な素材を土のうの袋に入れて、大量の水を一気に吸水してくれる吸水土のうが活用されるようになっています。このような吸水土のうであれば、水が店舗や室内に侵入するのを防いでくれるので、水害による被害を最小限に抑えることができるでしょう。

保管にも便利

最近の吸水土のうは保管も非常に便利となっています。昔であれば、ただ袋に土を入れている場合がほとんどだったこともあり、重くてかさばるもの土のうが一般的でした。しかし、最近の吸水土のうの場合、水を吸収していない状態であれば軽くてかさばらないものがほとんどなのです。吸水前であれば、400グラム程度のものがほとんどです。軽くて薄い状態の為、企業の小スペースや倉庫スペースに大量保管することができるでしょう。数百グラムの吸水土のうでも、大量に水を吸ってくれる為、吸水後は10キロから20キロまで重くなります。吸水時間も数分なので、水害発生時には非常に役立つでしょう。従業員の安全と企業として安定的に経営を続けるのであれば、水害の備えも必要不可欠です。

Copyright© 2016 ねじや吸水土のうといった材料は通販でゲットできる!材料得々購入術All Rights Reserved.